top of page

ひまわり流おもてなし。


11月30日・12月1日の両日、

年長組によるひまわりプレイランドが開催されました。


「小さいクラスの子どもたちに楽しんでもらいたい」一心で、

しかけアイディアおもいやり がいたるところに❤︎



昨年の年長組から、

細やかな「おもてなしの心」が見事に

受け継がれていて「スゴイ!」の連発。























こどものさくひんてんで、

年長組の共同製作は「ひまわりプレイランド」


テーマは「ピーターパン」



1.大きなものを作る

    じぶんの想いや なかまの想いに向き合い、

   出てくる問題を自分たちで解決していく。


2.開店準備

   「小さいクラスの子が喜ぶように」

   お客さんを迎えるにあたり、、、   

   自分たちが経験して「嬉しかった・楽しかった」ことを思い出しながら、

   相談して決めていく。


3.開店当日

    集団の中で、ひとりひとりが役割をもち、誰が欠けても成立しない、

   そのたいせつさを学ぶ。




小さいクラスの子どもたちに喜んでもらうために、

その陰には涙ぐましい努力があったり。

やりたいことを実現できるよう、先生たちの愛あるバックアップがあったり。




1学期のお店やさんを経験して、

自分たちで解決しようとするチカラがいちだんと育まれているようです。


プロセスのなかで、おもいの相違は然るべき。

逆に、それが無ければ学びも無いワケで、、、

ひまわり幼稚園は学びの機会をと、ふだんから意識して取り組んでいます。



ひまわり独自の「活きる保育」

これからの人生に「活かされる経験」だと考えます。


あらためまして、

保護者のみなさまのご理解とご協力に感謝いたします。



子どももおとなもみんなを笑顔にできる年長組。

何度も言うけど、スゴイよ! スゴすぎる!!


たくさんの「おもんばかり」をありがとう❤


小さいクラスの子どもたちは、

やさしくしてくれる年長組(おにいさんおねえさん)の姿を見て、感じて、

来年以降へと受け継がれてゆく、、

ひまわり幼稚園がたいせつにしている伝統行事のひとつです。


コメント


bottom of page