はじまりはじまり~。



一年の集大成ともいえる「劇」の活動が始まっています。


各クラス、はじめに体育館でのルールを確認です。


















1学期からこれまで、ふだんの生活の中でも、

いろいろな「ごっこあそび」を重ねてきました。

その「ごっこあそび」と「役を演じる」とがつながった「劇あそび」です。




























今回は、おうちの人やお友だちに見てもらうことを前提に取り組みます。

その中で楽しさやイメージを共有しながら、オリジナリティーが加わっていく。


セリフでも、動作でも、表情でも、

その子なりの表現を認め合う、伝え合う、気づき合う。

早くもそんな場面が見られます。





















誰にでも、得手・不得手があるように、

やりたい役がたくさんある子もいれば、

人前で表現することが苦手な子どももいます。

そのあたりも含めて、ひとりひとりが集団の中で育つハズ!



















まずは、

「ぼくはこれが好き!」

「わたしはここがおもしろい!」の場面や役に出会い、

演じる側も、観る側も、思いきり楽しんでほしいと願います。



















そこからはクラスでこだわったり、考えたり、工夫をしながら、

「らしさ」を発揮できるよう、応援しています♪